辛口白ワイン シャブリ 1級、シャトー・ドゥ・ヴィヴィエール Vaucopins (ヴォーコパン)

シャトー・ドゥ・ヴィヴィエール

日本の辛口白ワインの代名詞になっているシャブリですが、ますます人気が高まっています。
シャブリ好きは村名では物足りないのか、最近は一級畑(1er cru)も人気が出てきました。
Home & Kitchen Onlineに7月に入荷したばかりのシャブリ 1級、シャトー・ドゥ・ヴィヴィエール Vaucopins (ヴォーコパン)をご紹介します。

なぜ日本人はシャブリが好きなのか?

シャトー・ドゥ・ヴィヴィエール(Château du Viviers)は、フランスの歴史的建造物の補足目録に記載されており、ブルゴーニュ、シャブリ地区の有名なぶどう畑の中に、17世紀初頭に建設されたお城です。Château du Viviersの白ワインはルイ15世(Louis XV)とマリー・レクズィンスカ(Marie Leczinska)の結婚式で提供されたことで有名になりました。今日でもワインコンクールで金や銀のメダルを受賞しています。

歴史的建造物に認定されているアンシー・ル・フラン城(Ancy-le-Franc)は16世紀にイタリア人建築家による設計で、そこからさほど遠くありません。残念なことに1905年にChâteau du ViviersとViviers村の資料館が破壊されてしまい詳細は残されていないのですが、Ancy-le-Franc の君主がフランスらしいテイストを加えてChâteau du Viviersを設計したといわれています。

現在のシャトー・ドゥ・ヴィヴィエールの所有者が私の昔からの友人で、昨年シャトーを訪ねてきました。写真は広いお庭の正面ですが、お城の反対側に広大なぶどう畑が広がっています。
お部屋の壁には一面にタペストリーが掛けられていました。もちろん訪ねたときにはこのシャブリ1級 シャトー・ドゥ・ヴィヴィエール Vaucopinsをごちそうになりました。

シャープな品の良い酸味や際立ったミネラル感のあるシャブリ プルミエ・クリュは暑い日にはぴったりの辛口白ワインでした。
エチケット(ラベル)にもシャトー・ドゥ・ヴィヴィエールの絵がプリントされています。

ブルゴーニュのサンヴァンサン祭り

Amazonで買う

ネット通販

Home & Kitchen Online

購入はこちら
シャトー・ドゥ・ヴィヴィエール

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください