シャルドネとジャンボンペルシエ

ジャンボンペルシエ

フランスで必ず行くのがシャルキュトリ、ハムなどお肉の加工品のお店で、パリにも地方でもどこでも見かけるお店です。日本では珍しいものばかり売っています。ちょっとしたワインのつまみにもなり、バゲット(フランスパン)と一緒についつい食べ過ぎてしまいます。

シャルキュトリでハムやパテなどと一緒に並んでいるのが、ブルゴーニュの郷土料理の定番の一つであるジャンボンペルシエ。あっさりしたドライな白ワイン、シャルドネにぴったり。日本語にすると「ハムとパセリのゼリー寄せ」簡単にゼラチンで作る方法もありますが、本格的に豚の煮こごりを使うとよりおいしいようです。ブルゴーニュのお料理なので、やっぱりブルゴーニュの白ワインによく合います。

つい最近までブルゴーニュワインのほとんどが赤ワインだと勝手に思い込んでいました。そのくらい赤ワインのインパクトが強かったのです。調べると白ワインの生産量の方が多いことがわかりました。ボジョレーを除くとブルゴーニュワインの生産量に占める白ワインの割合は約54%。その白ワインのなんと80%がシャルドネ種です.日本では誰でも知っているシャブリもこのシャルドネ品種です。金色の美しい房を実らせます。和食にも合わせやすく、日本人にはぴったりの白ワインですね。あまり冷やしすぎず14℃くらいが好みです。
よく熟成したアンバー色のシャルドネに出会えたら最高です。

ぶどう品種シャルドネ

 

Amazonで買う

ネット通販

Home & Kitchen Online

購入はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.