ブルゴーニュのルペ・ショーレ社

ルペ・ショーレ

もうすぐ輸入予定のフランス、ブルゴーニュのワイナリー、ルペ・ショーレ社を紹介いたします。

1903年、マヨル・ド・ルぺ(Lupe)伯爵と義理の弟ショーレ(Cholet)子爵が、2人のぶどう栽培技術ノウハウを結集し、ブルゴーニュの中心にあるニュイ・サン・ジョルジュ村(Nuits-Saint-Georges)にルペ・ショーレ社を創立しました。

以来、ルぺ・ショーレ社では代々続く伝統のもと、選び抜かれた高級な品種を、細心の注意を払って醸造しています。ブルゴーニュでも歴史のあるワイナリーです。若いワインは磨き抜かれた職人達の熟練技術により熟成され、積年の名声を誇る高級ワインを今も情熱をもって生産し続けています。

ルペ・ショーレの哲学は土壌とヴィンテージに独自の表現を見せること。とりわけワインの醸造で追求しているのは、ハーモニーとバランスで、ワインを味わうすべての人々に最大の喜びを提供するためです。

ニュイ・サン・ジョルジュ村にAOCブルゴーニュのリージョンワイン、約3ヘクタールの塀に囲まれたモノポール、クロ・ド・ルペの畑を所有しています。その他コート・ドールとシャブリなどに合計約25ヘクタールの畑を所有しています。ブルゴーニュのピノノワールの赤ワイン、シャルドネの白ワインを中心に生産しています。

2017年10月にワイナリーを訪問し、テイスティングをさせていただきました。どのワインも味わい深く、輸入が楽しみです。

買い付けのためのワインテイスティング

2018.4.18追記
無事に輸入し4月に販売開始しました!

Amazonで買う

その他のルペ・ショーレ社のワイン

ネット通販

Home & Kitchen Online

購入はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください