ブルゴーニュの王様 ピノ・ノワール

ヴィエイユ・ヴィーニュ

ワイン好きの方ならよく耳にする「ピノ・ノワール」についてご紹介いたします。

ピノ・ノワールはブルゴーニュの王様とも言われる黒ぶどうの品種名。ピノはフランス語で松、ノワールは黒を意味します。ぶどうの房が松ぼっくりの形に似ていることから由来する名前です。

ピノ・ノワールはブルゴーニュで最初に植えられたぶどうの品種といわれています。1-2世紀にはすでにブルゴーニュにぶどう畑が誕生しています。すみれ色を帯びた黒の小さな果粒が密に詰まった小ぶりなぶどうの房には、甘い果汁が含まれています。

ピノ・ノワールはブルゴーニュが原産の赤ワイン用の品種で栽培がとても難しいといわれています。病気に弱い品種です。早熟なぶどうのため、冷涼な土地でゆっくり成熟させることが大事です。とてもデリケートで手間のかかる品種で大量生産には向かない、高品質な赤ワインの原料とされています。

現在は世界中で栽培されており、シャンペンやスパークリングにもブレンドされています。皮を使わずに無色の果汁のみを使用すると白ワインが生産できます。

ブルゴーニュワインのぶどう品種は4種

ピノ・ノワール - 黒ぶどう 果実味が華やかで繊細な味わい「ロマネコンティ」など
ガメイ     - 黒ぶどう フレッシュ、フルーティの軽やかな赤ワイン ボジョレーなど
シャルドネ - 白ぶどう 辛口白ワインの王様 シャブリなど
アリゴテ  - 白ぶどう 寒冷地に向く品種

ピノ・ノワールの特徴は、ミネラル感、赤いフルーツの風味が強く、畑によって様々なスパイス、土、鉄、バラ等の風味が複雑に広がり、酸味はシャープですが、種が大きいためタンニン(渋み)がしっかりしています。ブルゴーニュワインの41%がピノ・ノワールで生産されています。

もう一つピノ・ノワールの特徴は造り手やテロワール(土壌や気候などの自然条件)がワインの香りや味わいに大きく影響することです。テロワールの動画はこちら
ブルゴーニュのワインは他品種とブレンドされることがなく、単一品種で醸造されますが、まったく同じ香りや味わいのあるワインが1つとしてないと言われている理由です。1200年頃にはすでにピノ・ノワールがブルゴーニュに最も適した品種であると認識され、今までその伝統を守り続けてきました。

様々なブルゴーニュのピノ・ノワールの赤ワインを味わうと、その神秘的な魅力にどんどん引き込まれていきます。

ピノ・ノワールの果皮は色素が薄く、色もやや薄めです。赤ワインのなかでも淡い色をしているのが特徴です。カベルネ・ソーヴィニョンを中心としたボルドーワインと比較すると色の違いがはっきり分かります。ピノ・ノワールのワインはルビー色と言われますが、ちょっとピンクがかったルビー色です。よく熟成するとオレンジがかったルビー色になります。そんなピノ・ノワールに出会えたら最高です。

ネット通販

Home & Kitchen Online

購入はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.