ブルゴーニュ ワインの魅力

テロワール

ワインの聖地ともいわれるブルゴーニュ地方。フランス北東部のワイン産地です。パリから車で5-6時間ほど。フランスの都市ディジョンとリヨンまで, ソーヌ川に平行して5つの地区に約250Kmほどブドウ畑が連なっています。ちっと離れて最北のシャブリ地区が丁度パリと高級な赤ワインを多く産出する「コート・ドール」(黄金の丘)の中心都市ボーヌの間に位置します。

5つの地区
シャブリ - ミネラル風味の辛口白ワイン
コート・ド・ニュイ - コート・ドールの北側 高品質の赤ワイン中心
コート・ド・ボーヌ - コート・ドールの南側 高品質の白ワイン中心
コート・シャロネーズ - すがすがしいリーズナブルな赤と白ワイン
マコネ - 白ワイン - 成熟度の高いリーズナブルな白ワイン
地図はこちら

ブルゴーニュワインがボルドーワインと決定的に異なるのは原則的に単一品種によって醸造されること。主にピノノワールやシャルドネなどのブドウ品種です。ボルドーは複数の品種をブレンドして多様な風味を創出しています。世界中のワイン愛好家が夢中になるブルゴーニュワインは単一品種にもかかわらず、まったく同じ香りや味わいのあるワインが1つとしてないと言われています。
もう一つの違いは、小さな生産者(農家)の集まりであるのがブルゴーニュ、大きな会社がほとんどを占めるのがボルドーです。

貴族や裕福なブルジョワによって発展したボルドーに対し、ブルゴーニュのぶどう畑はシトー派の修道僧により開かれました。今日のブルゴーニュのワインを支えているのは農民です。その歴史から異なります。

ブルゴーニュワインの多様性の大きな理由はクリマ(畑)ごとに異なるテロワール(土壌や気候などの自然条件)にあります。テロワールの動画はこちら
「ワインは土地を表現する芸術」と言われています。ブルゴーニュにぴったりの言葉ですね。ブルゴーニュのぶどう畑は2015年に世界遺産にも登録されています。
ブルゴーニュの土壌はなんと1億5千万年以上前のジュラ紀中期の石灰質、粘土質、泥灰土、二酸化鉄などから構成されており、特に石灰質は10種類以上あり、それぞれの土壌の特徴がワインに複雑なキャラクターを与えています。ブルゴーニュは遠い昔は海だったようです。

最初の画像はブルゴーニュワインの買い付けの際にワイナリーでテイスティング(フランス語でデグスタション)した会議室の壁ですが、ブルゴーニュの土壌の下層土はこんな感じと説明されました。このような石灰質の土壌で本当にブドウが育つの?ぶどう以外は育たないやせた土地と地元のワイナリーの方から聞きました。ますますブルゴーニュワインの奥深さに引き込まれてしまいました。

こんな風にぶどう畑には石のようなものがゴロゴロしていました。

ネット通販

Home & Kitchen Online

購入はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.