ルペ・ショーレ社モノポールのぶどうを使ったドメーヌワイン

モノポール

ルペ・ショーレ社が単独所有する畑モノポールで造られたぶどうのみを使用したドメーヌワインの紹介です。

ブルゴーニュ地方ではよく使われる「モノポール」は一つの会社が単独で所有し販売しているぶどう畑を意味します。
高級で有名なロマネ・コンティやラ・ターシュはロマネ・コンティ社のモノポールで知られています。

ブルゴーニュではぶどう畑が細かく分割(平均して5-15軒程度)されていることが多く、単独所有されるぶどう畑は非常に珍しく、その希少性から高価なワインも多くあります。「モノポール」と表記されているブルゴーニュワインは200弱といわれています。モノポール表記がなされているワインは、ワインの生産者が1つの組織のため生産者のワインに対する考え方が如実に表れます。「モノポール」はワイン生産者にとってとても重要な存在であり、自社の哲学に即したぶどう栽培やテロワールを表現するワイン造りが行われており、多くが高級ラインナップとしてリリースされています。

ルペ・ショーレ社の「モノポール」はニュイ・サン・ジョルジュ村にあり、AOCブルゴーニュの地方名クラスです。約3ヘクタールの昔のままの塀に囲まれたクロ・ド・ルペの畑を所有しています。表面積は1,8954ヘクタールで、ぶどうの木の平均年齢は40歳、 土壌は主に砂岩 – 石灰岩です。
ニュイ・サン・ジョルジュ村の国道の西側のため、AOCは地方名クラスですが、出来栄えは素晴らしく、コストパフォーマンスがよいワインと言えます。ルペ・ショーレのドメーヌワインとして自信をもって生産したおすすめワインです。

2017年に新しくBourgogne Côte d’Or(ブルゴーニュ・コートドール)が追加認定され、ブルゴーニュ クロドルペ (Bourgogne Clos de Lupe)は今までAOC Bourgogne Rougeでしたが、2017年ヴィンテージからAOCブルゴーニュ・コートドールとなります。ちょっとプレスティージュが、高くなりますね。お得感満載です。

ブルゴーニュのルペ・ショーレ社

Amazonで買う

ネット通販

Home & Kitchen Online

購入はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください