ワイングラスのお手入れ方法

ワイングラス

ワイングラスのお手入れについて。

最近のニュースでワイングラスのサイズが時代とともに大きくなり、グラスのサイズとともにワインの消費量も増えているという記事を見かけました。そういえば蚤の市で見かけるアンティークのワイングラスはサイズが小さいものが多いですね。バカラも昔からあるモデルはサイズが小さく、まるでシェリー酒を飲むグラスのようです。ガラスの加工技術が高度化したことも大きな要因だと思います。より薄く、細い加工が簡単にできるようになりました。

香りを楽しみながらワインを飲むには大きなサイズのグラスで飲みたいですね。
そしてもう一つこだわりたいのが、ステム(脚)の細さです。スワリング(回すこと)でワインを空気に触れさせてから飲むときにステムは細い方がかっこよく見えます。
ワイングラスの老舗メーカー「リーデル」は260年の歴史を誇るオーストリアのメーカーで初めてぶどうの品種ごとに異なる形のワイングラスを提案しました。世界中のソムリエが愛用しています。日本でもとても人気が高いグラスです。

お勧めは世界中のベストセラー ヴィノム(VINUM)シリーズです。「リーデル」は種類がたくさんあるので、迷ってしまいますが、このヴィノムシリーズが家庭用としては良いと思います。
ブルゴーニュワイン用としては下記の3種類があれば十分です。

<ヴィノム> ピノ・ノワール(ブルゴーニュ) Amazonで買う
<ヴィノム> ヴィオニエ/シャルドネ Amazonで買う
<ヴィノム> シャンパーニュ Amazonで買う

大切なお手入れ方法ですが、「リーデル」の公式サイトにあるワイングラスの手洗い方法:

手洗いの際は「ぬるま湯」で、やわらかいスポンジで優しく洗ってください。洗剤をご使用の場合は、中性洗剤を使用して念入りにグラスをすすいでください
拭くときは. 大きめのクロスで、両手でグラスを持ち、台座を回すように拭いていきます。片方の手で台座をしっかりと持ちステム(脚)を上下に拭いていきます。片方の手でボウルのおしり(底)を支えながら固定し、ボウルの外側を拭いていきます。ボウルの中にクロスを詰め込み、回しながらグラスの内側を拭いていきます。

クロスはマイクロファイバーのものを使うと汚れが良く落ちグラスに繊維が付きません。特に口に触れる部分は汚れが落ちにくいことがあります。また赤ワインはグラスの底に薄くピンク色の汚れが残ることがあるので、注意が必要です。

Amazonで買う

お手入れ用のお勧めのスポンジとして、スリーエム社のスコッチ・ブライト ワイングラスクリーナーがあります。家庭で簡単にワイングラスを洗うことができる、今までにない新形状のスポンジです。 通常のキッチン用スポンジと違って細長くスリムな形状のため、グラスの中に手を入れなくても内側を洗うことができます。また、折り曲げた部分が硬くなっているため、通常のスポンジでは届かなかったグラスの底をしっかり洗うことができます。細い方はシャンパングラスの底にも届く設計となっており、ワイングラス以外にも幅広く活用いただけます。バイヤー時代にとても人気の高いスポンジで、私も愛用しています。

スリーエムのスポンジは残念ながら生産が終了してしまったとのことです。新しい改良版が出るのを待ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です